トップ > CD > レーベルから探す > TRITON > シューベルト:即興曲集 D899、ピアノ・ソナタ 第21番 D960

シューベルト:即興曲集 D899、ピアノ・ソナタ 第21番 D960

「シューベルトの音楽は私にとって最も大切な存在」

守重 結加(ピアノ)

シューベルト:
 即興曲集 D 899 作品90

   第1番 ハ短調
   第2番 変ホ長調
   第3番 変ト長調
   第4番 変イ長調
 ピアノ・ソナタ 第21番 変ロ長調 D 960


守重結加は、桐朋学園大学音楽学部を卒業後、ベルリン芸術大学修士課程ソリスト科および室内楽科を修了、現在は日本を拠点とし国内外のアーティストから厚い信頼を得ている注目の若手ピアニストです。
守重にとって初となるソロ・アルバムでは、「心の支えであり、困難を共に乗り越えてきた大切な存在」と語るシューベルトの音楽を心向くままに紡いでいます。名曲として知られる即興曲集D899に加え、彼の創作の頂点を示す傑作ピアノ・ソナタ第21番。どこまでも温かく、優しく、そっと寄り添い奏でたシューベルト。守重結加の音楽を心ゆくまでお楽しみください。

2021年11月17-18日 東京・稲城iプラザ にて収録



守重結加(ピアノ) Yuka Morishige, piano

東京都出身。桐朋学園大学音楽学部を卒業後、2011年にヤマハ音楽振興会留学奨学生として渡独し、ベルリン芸術大学修士課程ソリスト科および室内楽科を修了。在学中はGisela und Erich Andreas-Stiftung(ハンブルク)、及びOttilie-Selbach-Redslob-Stiftung(ベルリン)の給付型奨学生として研鑽を積みながら、ソリスト・室内楽奏者として日本各地、韓国、ドイツ、フランス、ポーランド、オランダ、オーストリアなどで演奏を行う。2018年、ベルリンのフィルハーモニー(大ホール)にてAkademisches Orchester Berlinとパデレフスキのピアノ協奏曲のソリストを務めたのをきっかけに、本格的な演奏活動が始まる。その後もJunges Ensamble Berlinとストラヴィンスキー「詩篇交響曲」を、Neubrandenburger Philharmonieとストラヴィンスキー「火の鳥」を共演、ヴァイオリニストのハインツ・シュンク氏(ベルリン・コンツェルトハウス・オーケストラのコンサートマスター、ベルリン・ハンス・アイスラー音楽大学教授などを歴任し、指揮者としても活動を行う)とのデュオ、また、2019年エイヴェレ国際音楽祭(エストニア・タリン)に招かれ、ソロリサイタルを行うなど、幅広い演奏活動を行う。エドヴィン・フィッシャー国際ピアノアカデミーにて第1位を受賞し、ポツダムでのソロリサイタルに出演する他、ブゾーニ国際ピアノコンクールセミファイナリストおよびスカラシップ受賞、全日本学生音楽コンクール、宝塚ベガ音楽コンクール、東京ピアノコンクール、アルトゥール・シュナーベルピアノコンクール、ピアナーレ国際ピアノアカデミー&コンクール等、サン・プリエスト国際ピアノコンクールなど国内外のコンクールで受賞。2019年秋、完全帰国し、クラリネット奏者 東紗衣とのCDリリース、北端祥人とイプシロン ピアノデュオを結成するなど、活動を展開している。令和3年度(一財)地域創造・公共ホール音楽活性化アウトリーチフォーラム事業長野セッション派遣アーティスト。これまでにピアノを安孫子和子、故・瀬尾真理子、故・加藤伸佳、小森谷泉、クラウス・ヘルヴィッヒの各氏に師事。

商品コード : OVCT-00194
通常価格 : 3,200円
割引率 : 15% OFF
価格 : 2,720円(税込2,992円)
発売日:2022/2/23
ポイント : 149
数量
 

税抜5,000円以上は配送料無料

かごに入れる すぐに購入
  • お気に入りリスト
  • 商品についての問い合わせ

ページトップへ