トップ > CD > レーベルから探す > EXTON > そして、それが風であることを知った

そして、それが風であることを知った

NHK交響楽団のトップ奏者による抒情と神秘のトリオ。

神田 寛明 (フルート)
佐々木 亮 (ヴィオラ)
早川 りさこ (ハープ)

ドビュッシー:フルート、ヴィオラとハープのためのソナタ L.137
武満徹:そして、それが風であることを知った
イベール:2つの間奏曲
ジョリヴェ:小組曲


フルート、ヴィオラ、ハープという稀有な組み合わせのアンサンブルに、NHK交響楽団のトップ奏者が取り組んだ当アルバム。
抒情的でありながら異世界のような神秘性も感じられる不思議な響きが魅力です。
ドビュッシーで次々に醸し出される香りと色の変化、イベールの情熱的な疾走感、
ジョリヴェでのどこか懐かしく優しい響き・・・このアンサンブルの様々な表情が登場します。
CDのタイトルにもなっている武満徹の「そして、それが風であることを知った」は、ミステリアスな妖艶さと儚い響きが印象的な奥深い作品です。
高音質録音とこだわりのマスタリングにより透明感のある繊細な響きを細部まで再現。
どうぞこの美しいアンサンブルの世界をお楽しみください。

2019年6月20-21日 神奈川・もみじホール城山にて収録

商品コード : OVCL-00707
通常価格 : 3,200円
割引率 : 15% OFF
価格 : 2,720円(税込2,992円)
発売日:2019/10/23
ポイント : 149
数量
 

税抜5,000円以上は配送料無料

かごに入れる すぐに購入
  • お気に入りリスト
  • 商品についての問い合わせ

ページトップへ