トップ > CD > レーベルから探す > EXTON > ルーツ

ルーツ

春日保人(バリトン)
呉恵珠(ピアノ)

貴志康一:
 かごかき
 さくらさくら
 藝者
 船頭唄
 富士山
早坂文雄:春夫の詩に拠る四つの無伴奏の歌
 1 うぐひす
 2 嫁ぎゆく人に
 3 孤独
 4 漳州橋畔口吟
ピアソラ:バチンの少年
ファリャ:7つのスペイン民謡
 1 モーロ布地
 2 ムルシア地方のセギディーリア
 3 アストゥリアス地方の歌
 4 ホタ
 5 子守歌
 6 カンシオン
 7 ポロ
ガルデル:想いの届く日

春日保人は東京藝術大学及び大学院を卒業。大学院ではバロック専攻で、その後バッハ、モンテヴェルディ、シャルパンティエをなど、多くの宗教作品で活動。また、オペラでの活動も目立つなか、現代の邦人作品にもレパートリーを拡充し、徳山美奈子、樹原涼子などの作曲家から作品を献呈され、初演を行っていることも特筆されるでしょう。
アルバムの前半、20世紀中期にかけて活動した2人の邦人作曲家では、時代の背景や作品の特質に焦点を置き、それらを誠実に歌い上げることで、夭逝の天才たちへのオマージュとしています。後半のラテンの熱さを秘めた歌声が、想いをひそめたガルデルで閉じられるこのデビュー盤は、秀抜な呉のピアノを得て、このバリトンの「今」を鮮やかに伝えています。

2017年8月28-31日 神奈川・相模湖交流センター にて収録

配信サービスで聴く
applemusicrecochoku
linemusicspotify
mora

商品コード : OVCL-00657
通常価格 : 3,000円
割引率 : 15% OFF
価格 : 2,550円(税込2,805円)
発売日:2018/03/21
ポイント : 140
数量
 

税抜5,000円以上は配送料無料

かごに入れる すぐに購入
  • お気に入りリスト
  • 商品についての問い合わせ

ページトップへ