トップ > CD > 楽曲種類から探す > 声楽曲 > もう直き春になるだらう―山田一雄 交響作品集―

もう直き春になるだらう―山田一雄 交響作品集―

オーケストラ・ニッポニカ
田中良和(指揮)
山田英津子(ソプラノ)


山田和男:
大管弦楽の為の交響詩「若者のうたへる歌」
交響組曲「呪縛」
もう直き春になるだらう
日本の歌
おほむたから
大管弦楽の為の交響的「木會」


2011年没後20周年、2012年生誕100周年を迎える日本の伝説的指揮者、山田一雄。あまり知られてはいませんが、山田一雄は管弦楽曲を始め、室内楽、ピアノ作品など多くの独創的な作品を残してきました。情熱的で輝かしい音楽の原点は、この作曲活動の中から生まれたものであり、このアルバムが、山田一雄を語る上において極めて重要な役割を担うことでしょう。以後の指揮者としての音楽は、すでにこれらの作品郡の中に含まれており、マーラーを思わす楽想も多く現れます。音楽家山田一雄の原点がこれらの作品集であり、彼の音楽への情熱や愛情が詰まっています。本アルバムにて指揮をする田中良和は山田一雄の弟子。見事なソプラノを聴かす山田英津子は山田一雄の娘です。このメモリアルイヤーならではのアルバムの登場です。


収録:2011年10月30日 東京・紀尾井ホールにてライヴ収録

商品コード : OVCL-00459
通常価格 : 2,381円
割引率 : 15% OFF
価格 : 2,023円(税込2,225円)
発売日:2012/03/28
ポイント : 111
数量
 

税抜5,000円以上は配送料無料

かごに入れる すぐに購入
  • お気に入りリスト
  • 商品についての問い合わせ

ページトップへ