トップ > CD > 楽曲種類から探す > オペラ > 功芳の艶舞曲

功芳の艶舞曲

宇野功芳(指揮)

新星日本交響楽団

蒲原史子(ソプラノ)


モーツァルト:3つのドイツ舞曲K.605

ホーフシュテッター:ハイドンのセレナード

ウェーバー(ベルリオーズ編):舞踏への勧誘Op.65

ブラームス:ハンガリー舞曲第5番

ヨゼフ・シュトラウス:ワルツ「オーストリアの村つばめ」Op.164

ヨハン・シュトラウス2世:
ポルカ「クラップフェンの森で」Op.336
喜歌劇「こうもり」序曲

レハール:
ワルツ「金と銀」Op.79
喜歌劇「メリー・ウィドウ」〜ヴィリアの歌
喜歌劇「メリー・ウィドウ」〜ワルツ

フリース:モーツアルトの子守歌


これは、約20年前の発売時に大きな反響を呼んだアルバムで、今回未発表4曲を加えた待望の再発売です。ここに収録のコンサートが当時話題を呼んだのは、宇野功芳の指揮にありました。良く知られた名曲が、即興性あふれる棒により、フルトヴェングラーやクナッパーツブッシュもかくや、と思わせる“本物の遊び心を持った音楽”になっているからです。栄耀栄華をきわめた「金と銀」は、とくに“聞きどころ”です。


録音:1994年4月13日 東京芸術劇場にて収録
商品コード : OVCL-00420
通常価格 : 3,000円
割引率 : 15% OFF
価格 : 2,550円(税込2,805円)
発売日:2014/04/23
ポイント : 140
数量
 

税抜5,000円以上は配送料無料

かごに入れる すぐに購入
  • お気に入りリスト
  • 商品についての問い合わせ

ページトップへ