トップ > CD > 楽曲種類から探す > アンサンブル > オクトボーン

オクトボーン

ミシェル・ベッケ (ソロ・トロンボーン) 
ミシェル・ベッケ et オクトボーン


ニロヴィッツ:「バルカン」組曲
ラヴェル/デスタンク編:亡き王女のためのパヴァーヌ
ドビュッシー/デスタンク編:亜麻色の髪の乙女
ドルリュー:マドリガル
バーンスタイン:ウエスト・サイド・ストーリー
コロンビエ/カンス編:エマニュエル


現在のトロンボーン界の頂点に立つといっても過言でないミシェル・ベッケ。その割にはCDのリリースも少なく、彼のレコーディングを待ちわびているファンも非常に多いといわれています。1980年代?1990年代にかけてはパリ・トロンボーン四重奏団のリーダーとして何度か来日を重ね、そのコンサートは現在でも語り継がれています。今回のレコーディングはベッケの弟子たちを集めたトロンボーン・アンサンブルです。メンバーはパリ管弦楽団首席奏者、スイス・ロマンド管弦楽団首席奏者、リヨン管弦楽団奏者、リヨン国立歌劇場管弦楽団バストロ奏者などフランス語圏を中心にフランス・トロンボーン界の首席クラスが集結しています。トロンボーンに加えてテューバはパリ管弦楽団首席奏者、パーカッションを2名加えたゴールデン・アンサンブルです。
収録曲目はニロヴィッツ、ドルリューのオリジナル作品と、ラヴェル、ドビュッシー、バーンスタイン、コロンビエの名曲をベッケのためにアンサンブル編曲されたものになります。特にニロヴィッツ:バルカン組曲、バーンスタイン:ウエスト・サイド・ストーリは11名の圧倒的なフォルティッシモから繊細なピアニッシモまでアンサンブルの醍醐味を聴かせます。また、ラヴェル:亡き王女のためのパヴァーヌでのベッケのソロは天国的な美しさにトロンボーンという楽器の枠を越えた音楽家ベッケのすばらしさに息を飲みます。
トロンボーン界ではアレッシ、リンドベルイ・スローカーのスタープレーヤーが犇めいていますが、ミシェル・ベッケほど音色に透明感があり、完璧なテクニックで、音に幅を持つトロンボーン奏者は他にはいません。
ミシェル・ベッケのCRYSTONレーベルでの初レコーディングの当アルバムはトロンボーンCDの永遠の定番となるでしょう!!


録音:2005年8月8?10日 
        リヨン、リヨン歌劇場ベルトロ・ホールにて収録

商品コード : OVCC-00020
通常価格 : 2,857円
割引率 : 15% OFF
価格 : 2,428円(税込2,670円)
発売日:2005/11/16
ポイント : 133
数量
 

税抜5,000円以上は配送料無料

かごに入れる すぐに購入
  • お気に入りリスト
  • 商品についての問い合わせ

ページトップへ