トップ > CD > マーラー:交響曲第1番「巨人」、花の章、さすらう若人の歌

マーラー:交響曲第1番「巨人」、花の章、さすらう若人の歌

ウラディーミル・アシュケナージ(指揮)
シドニー交響楽団
マルクス・アイケ(バリトン)



マーラー: 交響曲第1番「巨人」
      花の章
      さすらう若人の歌



大好評のアシュケナージ&シドニー交響楽団のコンポーザー・シリーズ。シーズンごとに特定の作曲家に焦点を当て、演奏会とタイアップしたセッション&ライヴ録音を行なっています。2007年のラフマニノフ、2008年のエルガー、2009年のプロコフィエフに続き、2010年2月からはマーラー・シリーズが始動!
その第1弾として交響曲第1番『巨人』、花の章、さすらう若人の歌をリリースいたします。
音楽の流れを大切にし、1点の曇りもなくマーラー像を描き出すアシュケナージのタクトは、まさに指揮者としての円熟の極みがなせる業だといえるでしょう。アシュケナージ自身が、「人間とは何かについて、常に考えていた」と解説するマーラー。その「深み」を今ここで聴くことが出来ます。さすらう若人の歌でソロを務めるのは、バリトンのマルクス・アイケ。バイロイト音楽祭、ザルツブルク音楽祭などにも登場している、ウィーン国立歌劇場の若手歌手です。
今後、このシリーズでは交響曲全曲、大地の歌、いくつかの歌曲をリリースしていく予定です。音楽家として最高の状態にあるアシュケナージの音のメッセージを、ぜひ受け取ってください。


録音: 2010年2月10‐13日
     シドニー、オペラハウス、コンサートホールにてセッション&ライヴ録音

商品コード : EXCL-00053
通常価格 : 2,857円
割引率 : 15% OFF
価格 : 2,428円(税込2,670円)
発売日:2010/10/06
ポイント : 133
数量
 

税抜5,000円以上は配送料無料

かごに入れる すぐに購入
  • お気に入りリスト
  • 商品についての問い合わせ

ページトップへ